カマグラゴールドの効果はバイアグラと同じ。

カマグラゴールドの成分はバイアグラとまったく同じですので、効果にも違いはありません。
もしあるとすれば、気分的な問題でしょう。
バイアグラのほうが有名なので、効果も高いように感じてしまうのかもしれません。
カマグラゴールドの有効成分であるシルデナフィルは、勃起力を高める役割があります。
ペニスを硬くしてくれる薬であり、ED治療薬の一種ですが、バイアグラのあとに作られた後発医薬品になります。
本来の後発医薬品は、特許期間が切れた先発医薬品と同様の成分で製薬するものですが、インドにおいては特許がないので、すぐにジェネリック医薬品の製薬が可能となります。
ほとんどのジェネリックED治療薬がインド製なのはこのためです。

個人輸入代行

日本にいながらカマグラゴールドを入手する方法は、現在は個人輸入代行以外にはありません。
信頼性の高い個人輸入代行サイトから購入してください。
始めて購入する方には、クリニックでの検査を受けることをおすすめします。
医薬品ですので副作用がありますし、持病によっては服用できない方もいるからです。
バイアグラの服用が可能だと判断されれば、同様の成分のカマグラゴールドを服用しても問題ありません。
ただ、国内のバイアグラとは用量が異なりますので、この点だけは注意してください。
日本には存在しない100mg版があるのが特徴です。
用量が多いほど効果は出そうなものですが、効果が高いということは、それに比例して副作用も強くなることを知っておきましょう。
日本人は欧米人よりも小柄なため、100mgではなく25mgか50mgの服用が好ましいです。
100mgタイプのED治療薬を購入した場合は、錠剤を分割して服用するといいでしょう。
ピルカッターと呼ばれる専用器具を使用してください。
服用できるのは20歳以上の男性となります。
子どもや女性用の薬ではないので注意してください。
そもそも、ペニスを勃起させる薬ですので、ペニスのない女性が服用しても効果は得られません。
また、子どもでEDになることは、合併症などの病気関連のケースを除いてほとんどありません。
病院側も子どもにED治療薬を勧めることはありませんので、大人が興味本位で服用させるのは避けてください。
利用者の多くは、30代以降の男性となっております。
EDに悩んでいる男性の多くは30代以降であり、その年齢と一致しております。
日本での認知度は高くはありませんが、これはジェネリック医薬品が浸透していないためです。
今後は徐々に普及して利用者は増えていくでしょう。
ED治療薬は、メンタル的なEDにも効果を発揮します。
ペニスの勃ちが悪いことにコンプレックスを感じている男性が服用して、見事EDを克服した例は多いです。
男性は神経が敏感であり、ちょっとしたショックやコンプレックスでEDになることはめずらしくありません。
そのような方にもおすすめしたいのが、バイアグラジェネリックのカマグラゴールドなのです。

This entry was posted in カマグラゴールド. Bookmark the permalink.

Comments are closed.